医薬品ビジネスのための「戦略思考」が身につくblog

S.I Lab (戦略向上研究会)では、戦略によって製薬会社で働くMRの仕事を、より楽しくすることを目的にしています。

「情報はノイズにも資源にもなる」

情報が洪水のように押し寄せる現代社会において、SNS、YouTube、オンラインゲームといったプラットフォーム上の広告は、私たちの日常に絶えず溶け込んでいます。しかし、これらの情報の多くは、私たちにとって単なるノイズに過ぎません。一方で私たちは情報を求め、インターネットを利用して情報を収集しています。これは、ニーズの有無にあります。

ニーズがある場合、情報はただのノイズから価値あるものへと変貌します。このロールモデルとなるリクルートは、情報を価値あるものにし成功を収めています。消費者は自分のニーズに合致する情報を受け取ることができ、情報提供者は自分の商品やサービスに関心のある潜在顧客にアプローチできるのです。

この成功には、ターゲティングとカスタマイゼーションの重要性があります。ターゲティングにより、企業は自社の商品やサービスに興味を持ちそうな潜在顧客を特定し、カスタマイゼーションによって、提供する情報を個々のニーズに合わせることが可能になり、より効果的なコミュニケーションを実現できます。このように、情報をニーズのあるポテンシャル顧客に提供することによって、情報は価値ある資源へと変わります。

しかし、課題もあります。コロナパンデミック以降、企業は顧客への情報提供チャネルを確保しようとDX化を急速に始めましたが、情報の過剰提供は、消費者を圧倒し、何も選べない原因にもなり得ます。したがって、情報提供の量と質のバランスを見極めることが重要です。

非差別化戦略では幅広い情報を、差別化戦略では違いを、集中化戦略では顧客ニーズに集中し、ニッチ戦略ではごくごく専門的な情報を掘り下げて提供します。

DXS Stratify®は顧客を4つの戦略タイプに分類し、情報提供の顧客最適化を実現します。

最近の投稿