コロナに感染しました。

ブログ記事の更新も不定期になっています。

最近流行っているようで私の周りでも感染した方は多く、喉の痛みが主症状のようです。

とはいえそれではランチ時のたわいもないエピソードです。

4回目接種を検討されている方にはエピソードではなくエビデンスが必要でしょう。

ブースター接種をためらっていた妻も急に接種予約を入れる始末です。

私も喉の痛み以外はただの風邪といったところです。

ざっと拾えるデータを揃えてみました。

どのように判断させるでしょうか?

自己判断とは言われてもスポンサーがついたTVのニュースを鵜呑みには出来ませんよね。

【コロナの現状】

日本の人口 
125,194,000 
感染者数感染率
166,2050.13%
重症者数重症化率
6140.37%
死者数死亡率
3070.18%

【コロナ症状の定義】

重症集中治療室、人口呼吸器が必要
中等症II酸素投与必要、酸素飽和度93%以下
中等症I呼吸困難、肺炎の所見、酸素飽和度93〜96%
軽症肺炎の所見なし、酸素飽和度96%以上

【ワクチンの効果】

年齢別死亡率、重症化率 2022年厚生労働省

20代では接種/未接種にかかわらず死者/重症者はゼロ

【懸念点】

ワクチンによる副反応および有害事象

【ワクチン接種と死亡】

ワクチン接種後の心筋炎死亡率は、一般人口 (2019 年人口 ) と比較して、有意に上昇していた。

特に20 代、30 代では心筋炎死亡率がそれぞれ約 21 倍、14 倍、疑い例を含めるとそれぞれ 35倍、16 倍と著しく高率であった。

接種後死亡例の報告漏れや、接種者がふだん健康であること、死因が正確に診断されていない可能性(誤 分類)などを考慮すると、ワクチン接種後の心筋炎死亡率はさらに高くなる可能性がある。

https://npojip.org/chk_tip/No101-f05.pdf

【20代の死亡例の報告】

米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの接種後、男性4人が心筋炎を発症し死亡したと報告した。

うち2人は20代男性で、若い男性へのモデルナ接種をめぐっては、心臓の筋肉に炎症が起こる心筋炎などが出る割合が比較的高いとして、厚労省が注意を呼び掛けている。

心筋炎で死亡した事例が報告されたのは、モデルナ製では初めて。接種との因果関係はいずれも評価不能とされた。先行したファイザー製でも死亡事例は13例あり、若い男性に限ると20代の死亡例が1例ある。

【ワクチン接種と死亡の因果関係】

ワクチン接種後死亡して報告があった症例の内,半数 を超える人が数日以内に亡くなっている事実はワクチン接種とそれら死亡の間には,密接な関連があることを示唆している。

死亡者数は年齢とともに増加するが,年齢と死 亡までの日数との間に相関はみられない。心臓, 脳,肺の血管系障害および血栓症が死亡の 30% 近くを占めており,これはワクチンの作用機序から当然推測されることである。

しかし,当委員会 の決定のほとんどが因果関係については NE であ り,中には,因果関係有との報告がなされたにもかかわらず NE とされた症例(2021 年 8 月 4 日時 点で評価が完了した症例 668 例中 44 例(補足資料 SA1-9,SA1-10))もあった。

NEの決定は科学的な考察を放棄することを意味し,必ずや将来に 禍根を残すことになるであろう.当然のことながら,ワクチン接種後の死亡例については可能な限り病理解剖を行って病理発生プロセスの解明を進 めるべきである.

http://cont.o.oo7.jp/49_3/p499-517.pdf

マトリクス分析ツールを使ってデータ分析をしてみます。

全体市場におけるシェア値から分かるように分散型の市場です。

製品ごとにマトリクスを比較していますが1製品を除きどの製品もAaがありません。

非常に混戦で競争環境は厳しいと推測されます。

またAaがある製品はAb顧客もあり、競合の中で抜け出す可能性があります。

いずれにせよどの製品も共通してAbフレームから顧客ごとに攻撃目標の製品を定め早急にAaにランクアップさせることが重要です。

テルモピュライの隘路でのペルシアの20万の大軍とスパルタのレオニダス王が率いるわずか300の兵の激闘はご存知でしょうか?

映画「300」にもなった有名な戦いです。

テルモピュライはアテネの北方にあり、山と海にはさまれた隘路となっており、ペルシア軍を阻止する戦いの場に選ばれました。

戦いにおいて「必ず勝つ、絶対に負けない」ための最低条件は敵に対して同等以上の戦力を持つことです。

テルモピュライの戦いにおけるスパルタ軍の兵力は、実際には300人ではなく、ギリシアのポリス連合軍として7000人ほどの兵士だったとされています。

しかしそれでも兵力差は50倍という圧倒的な差があった事は事実のようです。

ではスパルタ軍がペルシア軍に勝つための最低条件である戦力を同等以上にするためにはどのようにすればよいでしょうか?

その答えは選ばれた主戦場にあります。

テルモピュライは海と山に挟まれた隘路になっており、ペルシア軍はいかに大軍であっても進行する際に軍が伸びきってしまい、スパルタ軍との戦力差が無効化されてしまいます。

進入路を狭め進入するペルシア軍の数を制限することで、両群の対峙する兵力数が同等になった結果、スパルタ軍の少数の兵士でもペルシア軍を足止めすることが出来るわけです。

さらに300人であっても選りすぐりの精鋭部隊であるスパルタ軍と、戦意の低いペルシア軍では同等の兵力数であれば戦力においてスパルタ軍が圧倒的に上回ります。

戦力は兵力と武器性能の積で決まるため、同じ兵力数であれば戦闘力の高いスパルタ軍に勝機が生まれます。

スパルタ軍はファランクスと呼ばれる布陣による戦闘を得意としていました。

ファランクスは盾と槍を持った兵が密集し敵を攻撃しながら、隣の人間を守る隊形の事です。

テルモピュライの戦いおける主戦場と主敵、そして布陣はまさに戦略におけるセグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングのSTPです。

すなわち優れた戦略こそが「必ず勝つ、絶対に負けない」ための絶対条件です。

マーケット状況から売上を予想してみましょう。

全人口の将来人口推計と傷病分類別受診率を掛け合わせることで、対象患者の将来人口推計を算出することが出来ます。

年齢ごとに傷病分類別にみた医科診療医療費により対象市場の市場金額規模が分かります。

それぞれ年度ごとにターゲット設定したシェア値から売上高を予想します。

Goal setting from the perspective of MR (Medical Representatives)

Goal setting is important for improving work performance.

Goal setting is to clarify the things to achieve the purpose.

You need to quantify to track and evaluate the goals you have set.

But aren’t you hindering your actual actions to quantify your goals?

Since it is difficult to quantify the purchasing behavior of customers, we may use alternative indicators that can be measured.

For example, activity volume and sales.

However, although there is a correlation between activity and sales, it cannot be said that there is a causal relationship.

It is the behavior change of customers that has a causal relationship with sales.

Behavior change needs to be quantified, tracked and assessed.

仕事のパフォーマンスを高めるためには目標設定が重要です。

目標設定とは目的を達成させるための事柄を明確にすることです。

設定した目標を追跡し評価するために定量化する必要があります。

しかし目標を数値化するために実際の行動を妨げてはいませんか?

顧客の購買行動は数値化することが難しいため測定が可能な代替指標を用いることがあります。

例えば活動量や売上などです。

しかし活動量と売上には相関関係はあっても因果関係があるとは言えません。

売上と因果関係があるのは顧客の行動変容です。

行動変容を定量化し追跡と評価を行う必要があります。

消費者の購買決定行動を説明する基本的なモデルのことを購買意思決定プロセスといいます。

英語では「Buyer Decision Process」と呼ばれます。

他にも消費者の購買決定行動を説明するフレームワークとして「AIDMAの法則」「AIDAモデル」「AISAS(アイサス)」などがありますが、これらは「広告反応モデル」と呼ばれる異なるフレームワークです。

購買意思決定プロセス には5つのプロセスが存在していますが、消費者は必ずしも段階的にプロセスをたどるわけではありません。

段階の途中からスタートしたり、段階を進んだり戻ったり、段階の途中で諦めてしまったり途中の段階を飛ばしてしまうなどなど様々な消費者が存在します。

消費者に自社製品を選んでもらうためには、消費者がプロセスどの段階にいるのか?どの段階で止まっているのか?消費者の気持ちの動きを理解し、プロセスを刺激するためのプロモーション戦略を立てる必要があります。

消費者がどの段階で立ち止まり購入に至らなかったのかを把握することが出来ればプロモーションプランを改善することもできます。

衆議院選挙の小選挙区と比例代表を合わせた465議席の配分が決まりました。

開票結果から『競争地位』を算出してみましょう。

自民党は276議席から15席減らしたものの、単独で国会を安定的に運営するための「絶対安定多数」である261議席を確保しました。

議席占有率は56%の安定目標値、安定的な強者の位置におり独走態勢にあります。

立憲民主党は選挙前の109席を下回り96議席です。

議席占有率は21%の上位目標値、弱者のなかの相対的強者ではあるが伸びるか落ちるか不安定です。

選挙前の4倍近い議席を獲得し第三党に躍進した日本維新の会ですが、9%の存在目標値、存在が認められるが市場への影響力は無く撤退の基準です。

同じく、存在目標値の公明ですが、自民党との連立により安定的な位置にいると言えるでしょう。

自民党の議席占有率と野党第一党の立民の議席占有率は√3倍を超えており、射程距離理論では圏外となり攻撃目標にはなりません。

射程距離に入るためには最低でも議席占有率を35%まで増やしたいところです。

候補者の一本化は良い戦略だと思いますが、政権を執るには、やはり連立するしか議席占有率を上げる方法がありません。

しかしクープマンモデルでは100:0になることはまれです。

多者間競争の場合、通常は2:1が最も安定したシェア差となります。

経営資源を投入する意義は非常に低いですが、自民党が失策する機会を見逃さずに継続して活動することがポイントです。

*当ブログ記事は特定の政党を支持するものではありません

多くの製薬企業が減収減益となっています。

その場合には、意識改革、人員削減による組織のスリム化、コスト削減による対処が行われます。

コスト構造の変動費を抑える手法です。

家庭に例えると節約です。

家賃や光熱費などの固定費を減らす事は難しいため、食費やレジャー費を抑えることで出費を減らします。

しかしこれでは根本的には解決が出来ませんよね。

サラリーマンの場合、残業・休日出勤で手当をもらう、出世して基本給を上げる、もっと給料の良い会社に転職するなど収入を上げる方法を考えるでしょう。

当然、出費が収入を超えれば貯蓄を崩し、貯蓄も無くなったら白旗を上げることになります。

対処療法では状況は変わらぬまま延々と続きます。

原因療法で根本的な課題を解決する必要ありますね。

顧客マトリクス分析の基本

市場が縮小する際には限られた経営資源を適正に分配しなければなりません。

バランス良く、メリハリをつけて、より効果的にです。

そして誰でも簡単にできて共有出来るシンプルさ手軽さも必要です。

共有するためには共通言語となるロジックがなければなりません。

限られた経営資源を適正に配分する理論を持っていますか?