医薬品ビジネスのための「戦略思考」が身につくblog

S.I Lab (戦略向上研究会)では、戦略によって製薬会社で働くMRの仕事を、より楽しくすることを目的にしています。

どんなに重要なデータであっても分析されていないデータは唯の数字の羅列です

医薬品ビジネスは様々な保護と規制が存在する極めて特殊なビジネス構造です。
そのため製薬業界に特化した理論とプロセスでなければ上手く機能しません。
 
営業担当者のデスクトップ上に並ぶ様々なデータの多くは分析のされていない生のデータです。
どんなに重要なデータであっても分析されていないデータは唯の数字の羅列です。
それはグラフに視覚化しても同じです、意味づけが不可欠です。


営業担当者が最も注視する売上データ(受発注データ)を用いた分析手法を構築しました。
特許番号:特許第7101426号を取得「市場分析システム、市場分析プログラムおよび市場分析方法」
 
受発注データは多くの製薬企業が使用しているため、市場内における競争環境をお互いが知るところとなり非常に危険です。
正しい使い方を知らなければ、気がつかない間に競合他社に攻略されてしまいます。
マトリクス分析を使えば、そのリスクを回避し優越性に変えることが出来ます。 

最近の投稿