医薬品ビジネスのための「戦略思考」が身につくblog

S.I Lab (戦略向上研究会)では、戦略によって製薬会社で働くMRの仕事を、より楽しくすることを目的にしています。

「プラットフォーム型ビジネスモデルは非ゼロサムゲームの成立を可能にする」

プラットフォーム型ビジネスでは、プラットフォームを介して異なる利害関係者間の相互作用が促進され、その結果、全体としての価値が増加します。こうしたビジネスモデルの特徴は、プラットフォーム上で行われる取引や相互作用が、参加者全員に利益をもたらす機会を創出する点にあります。

プラットフォーム型ビジネスモデルの特徴
①多面市場
プラットフォームは多くの場合、二つ以上の異なる顧客グループを結びつけます。例えば、乗車サービスプラットフォームはドライバー(サービス提供者)と乗客(消費者)を結びつけ、両方に価値を提供します。

②相乗効果
プラットフォームの利用者が増えるほど、プラットフォーム全体の価値が増加する現象(ネットワーク効果)が見られます。これは、より多くの参加者が相互に価値を提供し合う機会が増えるためです。

③協力と競争
プラットフォーム上では、参加者間で競争が発生することもありますが、同時にプラットフォーム全体の価値を高める協力関係も形成されます。例えば、アプリ開発者が同じプラットフォーム上で競争する一方で、彼らの存在がプラットフォームの魅力を高め、さらに多くのユーザーを引き付けることができます。

非ゼロサムの実現
プラットフォーム型ビジネスにおいては、参加者間の相互作用がプラットフォーム全体の価値を増やし、それによって各参加者も利益を得ることが可能になります。このプロセスは非ゼロサムゲームの特徴を反映しており、参加者全員が共に成長し、利益を享受できる環境を作り出します。

そのため、プラットフォーム型ビジネスモデルは、新しい市場機会の創出、イノベーションの加速、さらには産業全体の変革を促進する強力な手段となり得るのです。

最近の投稿