医薬品ビジネスのための「戦略思考」が身につくblog

S.I Lab (戦略向上研究会)では、戦略によって製薬会社で働くMRの仕事を、より楽しくすることを目的にしています。

「競合分析の一例 負けに不思議の負けなし マトリクス分析を用いて」

ビジネスプランは、市場/顧客と自社、そして競合の3Cの要素から作成することが必須条件です。

特に市場が縮小する昨今のビジネス環境では競合の存在は以前とは比べ物にならないくらい大きくなっており、限られたパイを奪い合うゲーム型競争市場といえます。

医薬品販売データは顧客/施設単位で、自社製品だけではなく競合の売上が分かる貴重なデータです。

これを用いれば3C分析が可能になります。

分析例はシンプルにするために、競合製品が一つだけのダミーデータを用いていますが、ご提案をさせていただいた多くの場所で、「顧客は明確であり、競合製品もひとつだけだからこのような分析は不必要」と言われることがあります。

それも競争劣位性の側の方からそのような反応をお聞きします。

「負けに不思議の負けなし」です。

An Example of Competitive Analysis – No Mystery in Defeat: Using Matrix Analysis

Creating a business plan is an essential task that draws upon the three crucial elements of the 3Cs: Customers, Company, and Competition.

In today’s business landscape, especially with markets contracting, the significance of competition has grown exponentially. It has transformed into a fierce game of seizing a limited share of the pie, a competitive market where rivals battle for supremacy.

Medical sales data provides invaluable insights, not only into your company’s products but also the sales of your competitors, at the level of individual customers and facilities.

With this data at your disposal, a 3C analysis becomes possible.

To simplify the analysis, I’ve used dummy data with only one competing product. However, in many instances, I’ve heard the argument that such analysis is unnecessary because “customers are clearly defined, and there’s only one competing product.” Such responses often come from those inclined to see things from the perspective of competitive disadvantage.

But remember, “No mystery in defeat.” 

最近の投稿